主婦におすすめの腕時計|結婚記念日

主婦におすすめの腕時計

主婦におすすめの腕時計

もうすぐ結婚記念日です(汗)

最近女性の間でも、おしゃれで腕時計をつけるというのが流行っているらしく、結婚記念日のプレゼントに腕時計はどうかな、と思っています。

「どんな腕時計がいいの?」と探りを入れたらポンポン返事が返ってきて慌てているところ(大汗)
「なるほど、主婦はこんな腕時計が欲しいのか」と変に納得しつつ、次はお財布と相談しているところです。

女性(うちの嫁以外)はあまり腕時計に興味がないのかと思っていたのですが、今や主婦の腕時計は実用的というより「おしゃれアイテム」なのだそうで、とくに記念日の後、きらりと腕時計が光っていれば、

「旦那さんからのプレゼントかな?」

という主婦としての幸せ度合いが加味されて、とても煌めいて見えるのだとか。

たとえば指輪やネックレスなども素敵にうつるアイテムではありますが、腕時計の占める面積はさらに大きいんです!(声を大に)

ダイヤなんてちびっと買おうものなら30万円くらいすぐに吹っ飛びますが、言っちゃ悪いが見えないくらいちっこい。

それに実用的要素はゼロ。

腕時計なら実用的で、結構な大きさがあるのでファッションアイテムとしては十分インパクトがあり、そして実用的で、かつ「知的」に映ります。

そしてなんといってもほぼ毎日身につけるものですし、ちらちらと時間を確認するたびにちょっぴり幸せな気分になるとか。

「アクセサリーや腕時計のように、身につけるものは旦那さんにプレゼントしてほしい」のだそうです。というわけで、今回は奥さん(または彼女)へのプレゼントに腕時計がおすすめの理由を羅列してみました。

ちなみにうちの嫁が「ほんっとうに、いっちばん欲しいのは」カルティエ タンクアメリカンなのだそうですが、いかんせんめちゃくちゃ高価なので、「宝くじが当たったら」という前置きがついています。

なぜカルティエがいいかというと、とても品があるからなのだとか。

でもカルティエは、バロンブルーやパシャなど一部を除いて大体がクォーツなので、「ここまでお金を出してクォーツを買いたくないな」という気持ちが出てくると言っていました。

それからカルティエは、時計のケースが18金で出来ているタイプのものが多いんですよね。

何年か前にカルティエのベニュワールをとても欲しがっていて、ぶらっとコメ兵に寄ったんです。

コメ兵のカルティエ売り場には所狭しといろいろな大きさやタイプのベニュワールがずらりと並んでいました。

最初は嬉々として眺めていた嫁でしたが、その後ガックリと肩を落として店を出て、それ以来ベニュワールが欲しいとは一言も言わなくなりました(^^;)

どうしたのかと思って聞いてみると、「キズが気になる」というのです。

ベニュワールも新品の時はピカピカで綺麗だけれど、18金やホワイトゴールドで出来たケースは柔らかく、どうしても小傷がついて古びてしまう。しょうがないことではあるけれど、あまりにも実用的でない、という理由から諦めたのだそうです。

そして結局選んだのがロレックス デイトジャストでした。

ロレックスも18金でつくられている部分は多いのですが、キズが付きやすいところは904Lという超高級ステンレスでつくられ、たとえばジュビリーブレスは18金の部分を904Lが挟みこむようなデザインになっているため、キズがつきにくくなっています。

904Lは、「ステンレス」と呼べるぎりぎりまで鉄の配合をおさえているため「耐蝕性」に優れており、とても堅牢な素材なのでいつまでも新品同様の輝きを保ち続けることができます。

そういう工業製品として究極に高められているロレックスという時計がとても好きなのだ、とうちの嫁は言います。

そうは言ってもロレックスを普段使いにはできなくて、いつもは3万円くらいのクォーツをしていますが、今回の結婚記念日にも「仕事につけていけるカジュアルなクォーツ」がいいなぁと言っています。

なんでも、服に合わせてちょこちょこ変えたり、気軽に付け替えられる腕時計というのも主婦には必要なのだそうですよ。

コメント