恐怖!腕時計3本潰れた・・・

こんばんは。

時計屋にいって今日一日で腕時計を3本潰したと言ったら、
「そんな話し初めて聞きました!」と笑われました。

自分でもこんなついてない日があるんかなーとしみじみ思ったのですが・・・。

いやね、先日ブログにUPしたHEUER(ホイヤー)をゴルフの練習場にしていったんですよ。
72b39c4f015f4762a32c48bf5890c290.jpg
財布はなくしても、絶っ対「腕時計」だけはなくしたことがない私。
毎回最新の注意を払ってカバンの中にしまうし、今回も練習を始めるときにちゃんとしまったのを覚えているのに、家帰ったらないんですよ。

・・・あれ???腕時計してない。

・・・入れたはずのゴルフバックのポケットにも入ってない。

・・・一緒に入れた財布と免許証はあるのに、時計だけない・・・なんでや????

頭真っ白。

30年くらい前に手に入れたHEUER(ホイヤー)。
あまり使うことはなかったのだけど、先日チュードルが故障してしまったため、30年ぶりに大活躍してくれていた。

失ってからわかることもあるもんだ、としみじみ思う。

たしかに最近まで「控え選手」のような日陰の存在だったが、今想えばなかなか味のある、かわいいヤツだった・・・。

なんでもっと大事にしてやらなかったのか・・・。

何度も何度も探してゴルフ練習場にも電話してみるがどこにもない。

仕方ない。明日のゴルフにはフィリップ・シャリオールを着けていくか・・・と腕に装着した瞬間、
「ブチッ!!!」金属ブレスが根元からちぎれる。
_20160409_213432-480x360.jpg
うっそやろ~~~!!と思ったけれど、落として壊さなかったことは不幸中の幸いだったなと胸をなで下ろした。

元ニューヨークカルティエ社社長が立ち上げたブランド、フィリップ・シャリオールは今、CHARRIOL(シャリオール)と名を変えている。
今も昔もちょっとドレッシーなデザインだ。

もう着けなくなって久しいが、電池だけはちゃんと交換しながら大切に保管していた。
30万以上した時計の金属ブレスがぶっちぎれるというのは、ちょっとだけ度肝を抜かれる・・・。

1号機 チュードル⇒ちょっと前に故障
2号機 ホイヤー⇒本日行方不明
3号機 フィリップ・シャリオール⇒本日金属ベルト破壊

これはもう4号機を着けて行くしかないと、昔友人からもらった時計を取り出した。
引き出しの奥にしまいこまれていた香港土産のスーパーコピー。
パチモンを着けるほど恥ずかしいことはない。
一生着けることはないだろうな、と思っていたけれど、もうコレしかないのだ。

スーパーコピーでもなんでも、腕時計をしていなくてはなんだかスカスカして落ち着かないのだ。
パンツをはかずにズボンを履いているような、スカスカ感。
なにか大事なことを忘れているような、重大な空白感。

明日は早朝からゴルフなので、一日だけ4号機を着けていこうと心を決め、腕に巻いた瞬間、
「ぷちん・・・」
またもやベルトが切れた・・・>_< 4号機 パチモン⇒本日ベルトが切れて再起不能
10年くらいムダにピンピンしていたくせに、なんで今日切れるんだ。

ここまでくると、なんだか神様からの「お知らせ」のような気さえしてきた。

「これから悪いことが起きるから気をつけろ!」と教えてくれているのだろうか??
腕時計が3本もつぶれるのが既になかなかないくらいの重大事件のような気もするし・・・>_< そこにちょうど嫁さんが帰ってきたので、頭真っ白になりながら話したら、 「身代わりになってくれたんかもよ?^^縁があったらまたホイヤーも手元に戻ってくるわぁ」と。

とりあえず腕時計がないとフワフワスカスカして明日のゴルフのスコアも心許ないので、既に夜8時間を回っていたがまだやってそうな時計屋に飛び込み、2,000~3,000円の時計を探してみた。

なんでもいいから間に合わせの時計をと思ったけれど、なかなかそうもいかないものだ。
嫁さんに、時計なんて間に合わせで買うものじゃないからまた後日ゆっくり考えようと諭されて帰ってきた。

帰ってきてからも落ち込む落ち込む・・・。

明日のゴルフはどうなることやら