ロレックス サブマリーナ 114060 入荷!!!! NO,2

ロレックスブティックから帰宅した私は、リビングでお土産に買ってきた551の豚まんを頬張っていました。

嫁さんと、先日成人式を迎えたばかりの息子が、551の豚まんに手をのばします。

「やっぱ551の豚まんは美味しいなぁ!」
「551のあるとき~♪ないときぃ~↓↓」

「で、どこで551買ってきたん??」と嫁さん。
この市内には551の店舗はなく、買えるとしたら市内のデパートに期間限定で出店しているときを狙っていくか、ロレックスブティックのある70キロ先の都市まで行くしかないのです。

「いや、今日な、ロレックスから電話があって、サブマリーナが入荷したって言うから・・・」
まだ言い終わらないうちに、嫁さんと息子がキョロキョロしはじめました。

そのうち二人は立ち上がり、私の足元や背後を確かめはじめたので、

「今日は買えんかった・・・。」

「ええええ!! あんな遠くまで行って、買わんと帰ってきたん!?なんで???」と嫁さん。

「いや、ちゃんと行って、サブマリーナの現物見せてもらったんやで。ほら、これ」
私は写真を二人に見せた。
_20160119_100118-640x360.jpg
「それで、いざカード出そうと思ったら、忘れていってた・・・」

「まじか・・・」と、あんぐり口を開けた息子に呆れられる・・・。

嫁さんの眉間にうっすらとシワがより始めた。。。きっとガソリン代や高速代、あげくは駐車料金まで、頭の中で素早くそろばんを弾いているところだ。

「いやいやいや、ちょっとまて!それがやな、あながち無駄足じゃなかったんや」
私は嫁さんの眉間のシワを伸ばすべく、おもむろに説明をはじめた。

「まず、もし今日準備万端で買えていたら、5%のポイント35,500円分と、ボーナスポイントが後から5%分35,500円分ついてくる予定や。でも、カード忘れて行ってたから、週末に必ず来ますから、申し訳ないがそれまで取り置いてくれないかって頼んだら、本当はダメなんですけどねっていいながら、しぶしぶ取り置いてくれることになったんや」

「ほならまた週末いくんやね。また551が食べられる~」と嫁さん。

「それで、家帰ってきてからデパートのHPを確認したら、たまたま、ほんまに偶然、週末がポイントアップデーやってん」
ここまで話すと嫁さんの眉間のシワは完全に伸びた。

ポイントアップデーだといつものポイントに+2%加算され、ボーナスポイントも同額ついてくる予定なので、合計+4%。金額にすると28,400円分にもなる。(飽くまで予定)
ロレックスブティックまで2往復したっておつりがくる。

「ポイントたくさんつくから、ママ、何か好きなもの買ったらいいやん」
嫁さん喜ぶ。
「それから、サブマリーナは成人の祝いでおまえにやるわ」
息子が目を丸くしている。
本当は大学に行かせてやろうと思ってお金をためていたのだけれど、がんばって勉強して目指す仕事に就けることになったので、高校を卒業して早々と社会人になってしまった息子。
車も自力でローンを組んで買ったし、息子には何もしてやっていないなと思っていたのだ。

たとえば成人の祝いを、お金でポンと渡したら、きっと使ってしまうだろう。。。
時計だったら大切に一生使ってくれるだろうし、そのうち孫にも受け継がれていくかもしれない。
そうなったらとても素敵なことだが、もし私たちがこの世からいなくなったあと、遠い将来この子がお金に困ることがあって、私たちが助けてあげられないことが起きたとしたら、この時計を売って幾ばくかのお金に換えて欲しい。少しでも生活の足しになればよい。
そういう期待も込めての、ROLEXなのだ。

「だから、週末に家族全員でロレックスへ行こう!」